カテゴリー別アーカイブ: DTM

内閣府広報誌に初音ミクが紹介される

これは海外向けの広報誌ですが、政府までみっくみくにされてさらに海外発信なんて『とてつもない日本』を書いた総理大臣だからやっているのか?前例の無いことに驚きです。

実際にどのような紹介をされているのか見てみましたら「Virtual Idol」。

(;゚д゚)・・・バーチャルアイドル?

てっきりロボット関連の最先端技術としての歌う音声合成ソフトウェアVOCALOIDかとおもったらタイトルが「Virtual Idol」でさらに驚かされた。記事のほうもどちらかというと初音ミクブームについて書かれているみたいな雰囲気です。YAMAHAの話とか無さそうだから技術的な紹介ではないみたい。

内閣府広報誌に紹介されました – ピアプロ開発者ブログ
http://blog.piapro.jp/2009/04/post-196.html

Public Relations Office – Government of Japan
http://www.gov-online.go.jp/eng/publicity/book/hlj/img20090301.html

初音ミク「ス」の発音

初音ミクみくより「ス」の発音についてあまり知られてないというタイトルで意外だったので見てみた。実際一年ぐらい前に同じ事に悩んでいて発音記号を編集して対処していたのをエントリーに書いた覚えがあるのだが中々検索されなくて完全に埋もれていました。私の場合はs:Mをs:Sに変える方法を取っています。特にしゃべらせてみた系で語尾に「す」が入る場合に良いですよ。

約一年前のエントリー
初音ミク印鑑、吉野家コピペ朗読など

例えば「~です」と発声させた時にデフォルトでは「す」が強すぎて違和感がある。発音記号を見ると「s:M」となっている。これを「s:S」に変えると「す」が無声音になり自然な発声になると思います。

初音ミクみく あまり知られてない「ス」の音の調整方法があるらしい件について
http://vocaloid.blog120.fc2.com/blog-entry-2257.html

こちらの記事ではs:Mをs一個に変える方法を取っているようです。s:Sとsでも微妙な違いがあるかも。

VOCALOID関連

VOCALOID2「初音ミク」が発売されてからの出来事のまとめ動画が紹介されています。

初音ミクみく 「初音ミク」の発売直後からの出来事がまとめられている動画!
http://vocaloid.blog120.fc2.com/blog-entry-1279.html

トラックバックをもらってたので紹介。ねんどろいどの鏡音リン・レンが予約開始されたようです。

「ねんどろいど 初音ミク」に続く「ねんどろいど 鏡音リン&レン」予約開始
http://npass.net/archives/2008/06/nendoroido_rin-ren.php