カテゴリー別アーカイブ: 低周波(音声)

interphone F5MC 導入

f5mc_1

VX-8DのBluetooth化の理由はコレです。アマチュア無線を始める前はB+COMとAndroidスマホの組み合わせを試したことがありましたがそれ以来です。

B+COMはナビの音声を最大にしても走行中(40km/h程度でも)、何を言っているのか聞き取れないという問題と致命的だったのが充電用miniUSBがスピーカーマイク端子兼用という頭オカシイとしか思えない設計だったのでKTELに買い換えて文字通り投げ捨てました。

interphoneについては先月まで全く知らなかったのですが、今月に入ってツーリングに誘われた時にinterphone F5を薦められたという流れです。これの凄いのは単体で無線通話ができる点。

Bluetoothって多くは10m以内しか通信できませんがこれは障害物の無い見通し距離であれば数百メートルは会話できるそう。技適の内容を調べようと工事設計認証番号で検索したら、

「78M1F1D 2402-2480MHz(79channels) 0.29mW/MHz」とありました。

78Mは許可されたバンドが78MHz、次の1は良くわからないのですが残り3文字は電波形式F1Dですね。あと出力が0.29mW/MHzとありますが、1チャンネルの帯域が分からないのですが仮にチャンネル幅が20MHzだとしても5.9mWですからかなり小さいです。それにしても78MHz内に79チャンネルって詰め込み激しいですね。実際には重ならないように自動でチャンネル移動するのでしょうが。。

2.4GHzだと波長が12.5cmなのでアンテナは1/2λにしても6.25cm。機器に内蔵可能です。あとは周りに高出力で飛ぶ電波が無いからかな?
※電子レンジが2400〜2500MHzなので数百Wで飛んでたら焼け死にます。

前置きが長くなりました。本題です。

f5mc_2

KTELと比べても薄いスピーカーは嬉しいですね。これならシステムパッドを繰り抜かなくても良いかも。また白いのは付属の充電用バッテリーです。緊急時に充電しながら使う想定なのかな?

これみてまたか!と思うのはB+COMにしろKTELにしろF5MCにしろどいつもこいつもスピーカーとマイクの端子を独自コネクタにするのだ?元々汎用性のあったものにベンダーロックかける神経はゆるせない。要はF5MCばバッテリー切れになってKTELで凌ごうと想定したとき、スピーカーやマイクまでごっそり交換しないといけない面倒さ。しかもこれらはヘルメット用というだけで同等機能のヘッドホンより1〜2万円高いのでタチが悪い。interphone同士で会話する目的が無ければKTELにBluetoothアダプタつけたほうが個人では使いやすいですけどね。流石にぶっ続けで10時間運転なんてことはなく途中で30分〜1時間は休憩取るのでその間に充電を怠らなければ大丈夫かもしれません。

f5mc_3

VX-8Dとのペアリング

  1. F5MCは電源OFF状態からセンターボタン長押しでペアリング開始できるようにする。(青と赤のLEDが交互に点滅)
  2. VX-8D側はMENUで「16 BLUETOOTH P-CODE」を呼び出してPINコードを「0000」にし[V/M]ボタンを押してペアリング開始する。

これだけですね。VOXの設定とかペアリングしたくない時の操作等はマニュアル参照。

iPhoneとのペアリング

  1. F5MCは電源OFF状態からセンターボタン長押しでペアリング開始できるようにする。(青と赤のLEDが交互に点滅)
  2. iPhone側は[設定]の[Bluetooth]をオンにして[Interphone F5MC]が表示されるのをまってワンクリックでペアリング。特にPINは要求されませんでした。

運用はまだですがまずはiPhone運用かな。常時マイクを拾ってSiri対応もできるそうなので音声のみでどこまで正確に操作できるか試してみたいと思います。

受信環境を増強

先日まで少し我慢していましたが、結局我慢できず買い揃えました。

アンテナ:ダイヤモンドSG7900

sg7900

144MHzで5.0dBiですが実際はどうなのかこれから長期間検証です。SBB4でも1200bpsの5Wで100km以上飛んでいるのでスペック差で言えばさらに飛ぶはずですが見通し距離の関係が大きいと思われるので比較するならロケーションを固定しないといけないです。
APRSでの比較では難しいのでワンセグチューナーに繋いでgqrxで電波強度の色を見比べてみます。
下の写真はSBB4でAPRS(1200bps)を受信しているところです。

gqrx_aprs

でもこれ重くて長いのでバイクには使えません。SBB4との比較は次の写真。

sbb4_sg7900

車載しないということでこれはベランダ用なのですが、ベランダでの設置にまた悩みます。
長さが160cmくらいあるので柵に固定するとしたら天井回避のためベランダの外側になるのですが、下は車道なので万が一落下事故を起こした時の近隣トラブルを考えるとやめたほうがよさそうです。

マグネット基台でエアコン室外機の上は設置としてはしやすいのですが、建物に近すぎます。
結果としてローアングルに変形するカメラ三脚にベランダ用モービルアンテナ基台を付けてこれを運用する時だけベランダに置くことにしました。

mobile_kidai

さらにVX-8DでGPSオプションをつけている時の問題として、アンテナ交換がしづらいというのがあります。
GPSオプションを買う際、外付けマイクかアダプタのみか迷いましたが。マイクを使うことはないのでアダプタにしたところ後悔。
アダプタなんてただの金属板と変換コネクタだけなのにマイクとあまり価格が変わらないばかりか、固定する為の金属板はアンテナ交換時に邪魔になります。
アンテナ直付の場合はアンテナを持つ所をズラせば良いのでそんなに気になりませんが同軸ケーブルを付ける際は指で回せないので板スパナで小刻みに回す事になります。。

これ室内ならまだ我慢できますが屋外だとこんなところで手間取るのは問題になるので結局マイクも買いました。

mic

ミニプラグの種類

無線機とはいえ最終的には音声へと変換されるため、多少オーディオの知識も必要になってきます。
専用のマイクとスピーカーで片付くのであればそれに越したことはありませんが、特にハンディ機になると他社のヘッドセット等を使う機会も出てきます。リグによってはケーブルを自作する事になる場合もあります。

そこでミニプラグの仕様について調べた結果を公開します。
miniplug

まず、一番上のモノラルミニプラグ。携帯ラジオのイヤホンとして売られているのがこのタイプですが、FM電話ではまず使わないと思います。先端が左音声となっていますがモノラルの場合は関係ないですね。全ての共通点として先端は左音声となります。
電鍵は持っていない(4級なんで)のですがシングルレバータイプだと仕様上使えると思います。

二番目のステレオプラグではこれは一般でも一番多く見られるタイプだと思います。ステレオヘッドホンの規格ですね。
FM無線機やレシーバではイヤホン端子にこの規格が多いと思います。電鍵の場合だとダブルレバータイプ(パドル)がこのタイプで使用できると思います。

ここまでの説明で左音声、右音声が用途によって送受信どちらでも使えることがわかります。1つの接点で双方向では使わないので、イヤホンとして使う場合は無線機から送信。電鍵で使う場合は無線機で受信となっていると思います。機器によっては左音声をスピーカー・右音声をマイクなんて使い方をしている物もあるかも知れません。昔の携帯電話の2.5Φプラグは3極なのでモノラル音声とマイクで使っていたのではと思います。

三番目以降、こちらは比較的新しいプラグです。4極となっておりステレオ音声とマイクが1本のケーブルで使えます。パソコンではまだ4極に対応した製品は少なく、スピーカーとマイクの端子は分かれています。こちらの知っている限りではMacBook Airが4極端子だったのでスマホ用のヘッドセットがそのまま使用出来ました。また4極端子にはOMTPとCTIAがあり現在の主流はCTIAです。古いXperia等はOMTPのようです。

少し脱線しましたがリグの方はどうなのかという事ですが、私が現在もっているリグがVX-8Dで専用コネクタの為、実は調べた甲斐がなかった状態です。

今後、PC等にリグを接続する機会があればオーディオケーブル制作の参考になります。