カテゴリー別アーカイブ: ハードウェア

interphone F5MC 導入

f5mc_1

VX-8DのBluetooth化の理由はコレです。アマチュア無線を始める前はB+COMとAndroidスマホの組み合わせを試したことがありましたがそれ以来です。

B+COMはナビの音声を最大にしても走行中(40km/h程度でも)、何を言っているのか聞き取れないという問題と致命的だったのが充電用miniUSBがスピーカーマイク端子兼用という頭オカシイとしか思えない設計だったのでKTELに買い換えて文字通り投げ捨てました。

interphoneについては先月まで全く知らなかったのですが、今月に入ってツーリングに誘われた時にinterphone F5を薦められたという流れです。これの凄いのは単体で無線通話ができる点。

Bluetoothって多くは10m以内しか通信できませんがこれは障害物の無い見通し距離であれば数百メートルは会話できるそう。技適の内容を調べようと工事設計認証番号で検索したら、

「78M1F1D 2402-2480MHz(79channels) 0.29mW/MHz」とありました。

78Mは許可されたバンドが78MHz、次の1は良くわからないのですが残り3文字は電波形式F1Dですね。あと出力が0.29mW/MHzとありますが、1チャンネルの帯域が分からないのですが仮にチャンネル幅が20MHzだとしても5.9mWですからかなり小さいです。それにしても78MHz内に79チャンネルって詰め込み激しいですね。実際には重ならないように自動でチャンネル移動するのでしょうが。。

2.4GHzだと波長が12.5cmなのでアンテナは1/2λにしても6.25cm。機器に内蔵可能です。あとは周りに高出力で飛ぶ電波が無いからかな?
※電子レンジが2400〜2500MHzなので数百Wで飛んでたら焼け死にます。

前置きが長くなりました。本題です。

f5mc_2

KTELと比べても薄いスピーカーは嬉しいですね。これならシステムパッドを繰り抜かなくても良いかも。また白いのは付属の充電用バッテリーです。緊急時に充電しながら使う想定なのかな?

これみてまたか!と思うのはB+COMにしろKTELにしろF5MCにしろどいつもこいつもスピーカーとマイクの端子を独自コネクタにするのだ?元々汎用性のあったものにベンダーロックかける神経はゆるせない。要はF5MCばバッテリー切れになってKTELで凌ごうと想定したとき、スピーカーやマイクまでごっそり交換しないといけない面倒さ。しかもこれらはヘルメット用というだけで同等機能のヘッドホンより1〜2万円高いのでタチが悪い。interphone同士で会話する目的が無ければKTELにBluetoothアダプタつけたほうが個人では使いやすいですけどね。流石にぶっ続けで10時間運転なんてことはなく途中で30分〜1時間は休憩取るのでその間に充電を怠らなければ大丈夫かもしれません。

f5mc_3

VX-8Dとのペアリング

  1. F5MCは電源OFF状態からセンターボタン長押しでペアリング開始できるようにする。(青と赤のLEDが交互に点滅)
  2. VX-8D側はMENUで「16 BLUETOOTH P-CODE」を呼び出してPINコードを「0000」にし[V/M]ボタンを押してペアリング開始する。

これだけですね。VOXの設定とかペアリングしたくない時の操作等はマニュアル参照。

iPhoneとのペアリング

  1. F5MCは電源OFF状態からセンターボタン長押しでペアリング開始できるようにする。(青と赤のLEDが交互に点滅)
  2. iPhone側は[設定]の[Bluetooth]をオンにして[Interphone F5MC]が表示されるのをまってワンクリックでペアリング。特にPINは要求されませんでした。

運用はまだですがまずはiPhone運用かな。常時マイクを拾ってSiri対応もできるそうなので音声のみでどこまで正確に操作できるか試してみたいと思います。

VX-8DのBluetooth対応化

今更ですがVX-8DをBluetooth対応する予定ができましたのでBU-2を購入して実装しました。
VX-8Dのマニュアルに記載のオプションはBU-1でしたが知らない間に後継パーツが出ていました。Bluetooth化の理由については次回のBluetooth関連の投稿までお待ち下さい。

bu-2_setup1

必要なパーツはBU-2本体とVX-8Dに同梱されている防水シールと延長コネクターが必要です。
まず、バッテリーを外すと防水シールが見えますのでこれを剥がします。
かなり強力な粘着剤のため精密ドライバでシールを起こしたあとラジオペンチでゆっくり剥がしました。とても指だけで剥がせるような軟弱シールではありません。

bu-2_setup2

粘着剤が残っているのでこれを綺麗に取り除きます。

bu-2_setup3

溶剤等は基盤に触れると故障の元になるため使いません。爪楊枝で細かいところを起こしながら指の腹で巻くように取り除きました。

bu-2_setup4

延長コネクターを取り付けます。向きに気をつけながらしっかり差し込みます。

bu-2_setup5

延長コネクターを取り付けたところ

bu-2_setup6

延長コネクターを取り付けたらいよいよBU-2の取り付けです。こちらも向きを確認してしっかりとりつけます。

bu-2_setup7

BU-2を取り付けた状態。

bu-2_setup8

仕上げに予備の防水シールでフタをして終了です。これ失敗するとシールの再利用はまず無理でしょう。VX-8Dには予備のシールは2枚ついていたので失敗は一回までということかな。あと、真ん中の台紙は剥がさずに貼りました。理由は、元から貼ってあったシールも真ん中の台紙を剥がしてなかったのと、BU-2とシールが接着してしまうとシール側に引っ張られてコネクターの接直不良のリスクがあるためです。

bu-2_setup9

封印完了。でも台紙の端っこと穴の位置が若干ズレたか?んー。この後本体を起動してBluetoothのマークはしっかり出ているのでしばらくこのままで使ってみます。

そういえばFT-1DやFT-2DってBluetoothないね。ハンディでBluetooth対応なのは唯一コレだけなのかな。。

受信環境を増強

先日まで少し我慢していましたが、結局我慢できず買い揃えました。

アンテナ:ダイヤモンドSG7900

sg7900

144MHzで5.0dBiですが実際はどうなのかこれから長期間検証です。SBB4でも1200bpsの5Wで100km以上飛んでいるのでスペック差で言えばさらに飛ぶはずですが見通し距離の関係が大きいと思われるので比較するならロケーションを固定しないといけないです。
APRSでの比較では難しいのでワンセグチューナーに繋いでgqrxで電波強度の色を見比べてみます。
下の写真はSBB4でAPRS(1200bps)を受信しているところです。

gqrx_aprs

でもこれ重くて長いのでバイクには使えません。SBB4との比較は次の写真。

sbb4_sg7900

車載しないということでこれはベランダ用なのですが、ベランダでの設置にまた悩みます。
長さが160cmくらいあるので柵に固定するとしたら天井回避のためベランダの外側になるのですが、下は車道なので万が一落下事故を起こした時の近隣トラブルを考えるとやめたほうがよさそうです。

マグネット基台でエアコン室外機の上は設置としてはしやすいのですが、建物に近すぎます。
結果としてローアングルに変形するカメラ三脚にベランダ用モービルアンテナ基台を付けてこれを運用する時だけベランダに置くことにしました。

mobile_kidai

さらにVX-8DでGPSオプションをつけている時の問題として、アンテナ交換がしづらいというのがあります。
GPSオプションを買う際、外付けマイクかアダプタのみか迷いましたが。マイクを使うことはないのでアダプタにしたところ後悔。
アダプタなんてただの金属板と変換コネクタだけなのにマイクとあまり価格が変わらないばかりか、固定する為の金属板はアンテナ交換時に邪魔になります。
アンテナ直付の場合はアンテナを持つ所をズラせば良いのでそんなに気になりませんが同軸ケーブルを付ける際は指で回せないので板スパナで小刻みに回す事になります。。

これ室内ならまだ我慢できますが屋外だとこんなところで手間取るのは問題になるので結局マイクも買いました。

mic

高利得のホイップアンテナについての疑問

この前HF40CLを買ったばかりなのにAPRSデビューして今度はVHFのアンテナを追加しようかと思っています。いやお金ないけど。。。

今もっているアンテナはハンディ用のRH-770と車載用のSBB4です。
どちらも144MHz帯では1/2λノンラジアル 3.0dBiの高利得アンテナなのですが、ベランダ設置に限定すればもっと長い5.5dBi〜6.0dBiのノンラジアルホイップアンテナがあります。

ここでちょっと疑問、アンテナって長けりゃ良いのか?

1dBi上がるとどれだけ効率が良くなるのか気になったので検索したところ3dBi上がると出力が2倍になる計算式を見つけました。でも何か変だ。実際に出力が増えたら永久機関つくれるぞ。

ちなみにWikipediaによるとスカイツリーのFMラジオ放送送信設備は空中線電力が7kWでERPが57kWだそうです。途中にアンプをつけたとかではないです。利得で計算するとこうなる。
そもそも利得とは1/2λダイポールアンテナを0dBd=2.15dBi(絶対利得)としているのでERPの単位は電力ではなくて電力相当じゃないかなっと。

例えば5.15dBiのアンテナで空中電力が10WだとするとERPは1/2λダイポール20W相当となるのではということです。結果的にアンテナの出力の利得は指向性によって決まっているのではないかということです。

それでも疑問は晴れません。1/4λにも満たない短縮アンテナはともかく1/2λ以上の長さがあるアンテナで形状そのままで長いだけで利得が上がっている理由にはなっていないと思います。

逆に受信だったらどうでしょうか。単純に1/4λの整数倍で共振するので長いほうが表面積稼げて有利かもしれません。もしかしたら内部で分割していて2段/3段のアンテナにしているかもしれません。
この予想が正しければホイップで高利得なアンテナは送受信で利得のギャップがあるかもしれません。QRP運用とかで相手の声はよく聞こえるのにこちらのは届かないといった現象かも。

確証はありませんがメーカー公表の利得が受信感度の数値で送信に関しては指向性のみの問題だとしたら6dBiのホイップ使っても今と変わらないという事になりますね。長いアンテナはむしろ相手に使って欲しいな(ゲフン、ゲフン

ベランダ設置ならむしろローカル局あきらめてビームや八木で直接デジピータに向けるというのもあり?いや余計な輻輳は避けるべきだな。。。う〜ん悩む。

と言い訳考えてアンテナ増設は一旦保留ですw

 

APRSデビュー

GPSユニット取り付けたら早速運用開始です。
FM電話に比べると比較的APRSは運用しやすいです。

  1. 一人でも運用できる
    トラッキングだけなら一人でもできるしi-Gateに拾われてGoogle Mapに載ればHAMでない人にもお知らせできます。
  2. 電信だと知らない局へも気軽にメッセージが出せる
    これ電話だとちゃんと言えるか緊張もするし、コミュ力無いとレポート報告だけで終わりになります。コンテストなどではそれで良いかもしれませんが、お話相手がほしいローカル局に対しては失礼ですね。
    電信だと送れる文字数にも限りが出るのでどんなメッセージを送るかより送受信が成功したかどうかの確認の方が重きを置いている印象です。
    移動中のトラックの運ちゃんに電話で話しかけると怒られそうですが、APRSで挨拶文を1回流しても別に何とも思われないと思います。中には自動返信している局もあります。
  3. APRSならQSLも無い?
    あと無線で困るのは「QSLはビューロで」これが一番無理。JARL会員じゃないのでというのもありますがQSLカード集めが趣味の人から見れば残念な局として二度と読んでもらえないかも。
    QSLカード自体はその内作りますが交換は電子的な方法に限定します。
    APRSは移動局というか移動中局が多いのでQSLは無さそうなイメージです。

ここからは実際に運用して気づいたことです。

  1. GPSで位置情報を受信できないときはポジションのビーコンを出せない。
    まずは自分の存在をアピールしないと誰も気づかないので重要です。
  2. 位置情報が不明でもメッセージ送信は可能
    そしてローカル局からのACKの受け取りも可能
  3. インターネットからもメッセージ送信可能
    但し無線機のポジションが不明だったり古かったりすると失敗します。
    これはデジピーター越しの局でも同じですね。
  4. デジピータを使用するとポジションのビーコンが自分に帰ってくることがある
    これはちょっとビビります。
  5. メッセージはアルファベットと一部記号のみ
    日本語使えないはちょっと辛いのですが、機種による表示文字制限もあるのでCW略語やQ符号がよく使われます。むしろ勉強になって良いですね。でもO2(お疲れ様)は違うよねw
  6. 一部モービル機にはメッセージ読み上げ機能があるらしい。
    家に置くとしたら欲しいかも。
  7. 5ワットではよく負ける。
    ハンディの歩行者は移動量が少ないのでビーコンの間隔が長めかもしれませんがデジピータやi-Gateに届いていないかもしれません。
  8. 9600bpsより1200bpsの方が悪環境に強い。
    周波数は隣通しなので電波の飛びとか受信感度は変わりませんが、やはり1200bpsの方が遅いだめデコード成功率が高いです。

APRSに目覚める

vx-8d_gps

VHFは人がいないなぁとサーチを繰り返しておりましたら、ビーコンっぽい受信はよく引っ掛けるなと感じたのでそれがAPRSなのかどうか手動でコールサインと位置情報を設定したところ次々とAPRSの情報が受信されました。
みんなこっちにいたのか。。

もしかしたらFM電話もVoIPやデジタル形式の方が人が多いのかな?免許取った2年前ではデジタルなんてリグが発売されたばかりだった気がするけど。

またAPRSはiゲートを通してインターネット上にもデータを蓄積するので http://ja.aprs.fi/ 等で検索や現在の状況を確認できます。

すぐにFT2Dを買わないと衝動買い仕掛けましたがよくわからない内にリグ追加も失敗かもしれないので現状最も安価にできる方法としてVX-8用のGPSユニットを買いました。
今まで買わなかったのはトラッキングなんてスマホで既にやってるし。。というのもあったので普段使うものでもないかなという印象でした。

説明書を読みながら設定を進めていくとステータステキストをトラッキングに乗せて公開するだけでなく、直接特定のコールサイン宛にフリーテキストのメッセージを送れることを発見しました。何故今まで気づかなかったのだろう。。

これまで私の理想としていた電信システムが既にAPRSに実装されていたではないか。
もう、APRSの運用やるしかない!

ICOMのD-STAR?確かにあちらも魅力的だけどICOMのデジ機限定だし運用もまとまってなさそうだからもうちょっと様子見。通信相手が近くに沢山ありそうであれば買いますね。

話を戻してVX-8用のGPSユニットは評判がよくないのですが他に選択肢がないので妥協しています。
確かにリグの電源投入後は位置情報を更新できなくて最低数分間はトラッキングできないです。
あと天気の悪い日はまるでダメですね。

場所は都心になりますがAPRSの中でも144.64MHz 9600bpsが一番受信回数が多いです。またレピーターも多いのかもしれません。

APRSは無線機だけでなくスマホやiPhoneでも利用可能、この場合アマチュアの電波は出さずインターネットと繋ぐので「固定局以外のiゲート局」となりSSIDは5になります。

これからは運用や試験を通して発生する疑問や検証について書いていきます。

GqrxをYosemiteに入れたのでHFアンテナを買い足す。

大変ご無沙汰しています。

特にMac OS XをYosemiteにアップグレードしたらパッケージ版のGqrxが強制終了してしまうようになってしまいしばらく無線から離れてました。

パッケージ版が更新されそうにないのでPortsをインストールしてレポジトリからインストールを試みましたらPorts自身やXcodeのコマンドラインツールなどでディスクを結構食われました。

参考:Gqrx(1): 電波と土埃の世界
http://nodatec.air-nifty.com/blog/2015/03/gqrx.html

それでも無事にインストールが終わって特に問題なく起動できるようになったのでHF40CLを買い足しました。

今回買ったもの:合わせて13,000円位の散財。
ダイヤモンド HF40CL 7MHz帯高能率センターローディングモービルアンテナ
ダイヤモンド MR2B コンパクト強力マグネットベース

ウキウキしてベランダに設置し、マグネット基台もMコネクタ版に買い替え受信しましたが、
何も掴めませんでした。

後で気づいたのですがアースを取るのを忘れてました。。。

途中で面倒になってしまったのでアンテナをSBB4に交換しVHFで受信しましたがこっちはこっちで人がいない。。。

CW覚えて3級取って電信デビューはいつになるやら。
実のところアパマンハムでHFは安定して運用できるのだろうか?
アンテナやケーブルも大げさになって近隣にバレてるし。。。