不適合ワイヤレス機器が氾濫

無線免許を取るまではこのようなニュースを聞いても規制緩和すればいいじゃんみたいな違う印象を持っていたかもしれません。
免許不要の微弱電波とは実用的にどれくらいの距離かと言えば見通し数mが限界じゃないかな。

周辺への影響の有無は電波の強度と周波数とで変わってきますが技適の無いもので輸入機器に関しては特に
・免許が必要または免許されない出力である
・国内で免許を受けられない用途・周波数
上記のうちどれかに当てはまる場合があるので要注意です。

http://www.hamlife.jp/2014/07/18/fugoukaku-wireless2013/

そして、ガジェット好きとしては興味が出るもののHAM視点で見たらまたもや違法機器の宣伝。

圏外でもスマートフォンでメッセージを送受信できる無線デバイスgoTenna 予約受付中、150MHz帯を使用

goTenna は、151-154 MHz 帯の電波を発信する棒状の無線機
発信機の出力は2ワット。理論上の最大通信距離は50.5マイル(約81km)

残念ですがこの製品の使用周波数帯は業務無線用で消防や救急で使っていますし2Wもあれば確実に緊急無線に対して混信を与えるので免許は受けられないですね。

そもそも中継局なしで屋外使用でき免許も不要となると出力的には小電力トランシーバー程度になってしまうので国内での使用は実現できませんね。