スマホと無線機の違い

このタイトルを見てまたインフラの話かと思われそうですが、今回は利用ケースについての違いを考えました。

インフラに関しては秘境や災害時でも無ければスマホで間に合うという結論ですが、用途としてはスマホは小さなコンピュータなので潜在力は高いのですが現状はグループ通話に関して無線機の圧勝です。

用途 スマホ 無線機
電話 アドレス帳や相手の電話番号で呼び出し、お互いにVoIP利用の場合は通話が無料。 周波数を合わせて会話、割り込みが入ると調整が必要
メッセージ メールなど方法は多数、グループ宛ても可能 非同期で利用できる方法が少ない。パケット通信は仕様が乱立。
グループ通話 VoIPを使えば技術的には可能だが簡単に使えるアプリが無い、NAT越え対策など考慮するとマッチングサーバが必要になるので品質保証が難しい 周波数を合わせるだけで可能

上記の表の電話はハンズフリーを想定しているので、移動していない時や自分が運転していない場合の移動中はスマホで操作が複雑でもあまり問題では無いです。