あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願い致します。

まだ開局して7ヶ月過ぎたぐらいですが、まだワッチばかりです。
機会としてはQSOパーティーがありましたが、2日は外出、3日はアンテナの調整ばかりやって結局参加できませんでした。VHFでCWが出ていたのには驚きました。

今年の抱負を発表します。
三級を取ってCWで参加したいというのは以前から思っていたのですが、7MHzを受信した感想も入れるとこのようになりました。

1.非常事態の連絡手段

当初は和文モールスも覚えて4630KHzの運用できたらいいなと思っていましたが、これは無理だと判断しました。和文モールスは努力次第で何とかなるのかもしれませんが4630KHzで移動運用はいざというときに出来ないなという印象です。それでは非常事態はどうするのか?となりますがVUのFM電話で防災関連のコンテストをやっていくという事になります。それについてはハンディ機で十分できます。非常用を考えると何時でも持ち歩けるものが良いかなという感じです。

それと、時々見かける備蓄品リストにアマチュア無線機がある件。そんなに四級人口が多いのでしょうか?
遭難通信は上空と海上の場合だけで陸上の場合は該当しないですし、非常通信にしても無線機と従事者ともに免許が必要ですからね。

それよりも一般人向けにはデジタル簡易無線(以下:デジ簡)が普及した方が良いと思います。
先の震災では電話回線がパンクしtwitter等パケット通信が有効だったので暫くはtwitterで連絡を取り合ったりしていましたが、これは関東が物理的被害をあまり受けていないから使用帯域の少ない通信だけ出来たというだけで大停電でも起きて基地局が停止したら携帯電話ではどうしようも無かったと思います。

その場合も考えるとデジ簡は最大5Wでアンテナ交換可能なため、携帯電話が使えない時の通信手段には有効かもしれません。ただ所持している人が多いとチャンネル不足の問題も出てきます。データ通信専用の帯域を用意すると沢山使えそうですが実現するのかな?

以上よりFM電話ではデジ簡が流行ればと思いつつデビューしてみようかなと考えています。とりあえずリグが高い!また走行中の連絡はコールサインで呼びかける冗長性を無くしたいのでデジ簡に置き換えて行きたいですね。

目標「防塵防水デジ簡購入」「351MHzのアンテナ検討」「デジ簡で交信経験を積む」
予算「5万円以下で揃えばいいな」

2.電信デビュー

これはまず三級取得が最初になります。四級でもCW以外の電信は操作できますが、RTTYやPSK31等は多くは局免の申請が少し面倒になるのと三級取得した後に変更申請する手間もあるので、CWの予定が先だとしても三級免許を先に取得したほうが手間が省けます。

CWは人力で符号化・復号化するのが原則なので設備も簡単な装置で済むというメリットがありますが、他にもJT65という魅力的な電信を知ったのでこちらも挑戦してみたいです。非常に雑音に強い型式との事でCWでQRP運用だと拾ってくれない場合でも期待できます。パソコンが必要になるのでヘビーデューティーとは行きませんが、1W以下で世界と交信できるかもしれないと聞くと夢が広がります。どこか電信メインのポータブル機とか出してくれないかなー?モードの追加はフォームのバージョンアップで対応とかにして。。。リグにキーボード付けるだけでCW/RTTY/PSK31/JT65の送信ができてPC不要みたいな「ポータブル機」を。。。

目標「三級取得」「オールモード機購入」「電鍵購入」「CWデビュー」「JT65デビュー」
予算「なるべく10万円以下」

3.HFデビュー

HFデビューと書きましたがこちらは主にアンテナの研究ですね。RHM8Bは持っているのでアンテナ本体はこれでも十分だと思いますが年末までにちゃんと出来なかったのがラジアルとアースの件。あとアンテナをチューニングするための機器や測定器に関しては何も持ってなくてこちらがまたリグ買うくらい高い。

目標「アンテナのチューニングを客観的にできるようになる」
予算「なるべく安く。追加で買うリグのSWR計流用もあり?」