練習専用電鍵 TC-701を買いました。

tc-701

これは単体で音が出せる練習専用電鍵です。普通はオールモードのリグを持ってて練習用電鍵としてHK-705を買う人の方が多そうですが私はハンディのVX-8Dしか持ってないので単体で音が出せる電鍵じゃないと練習は難しいかなと思います。タイミングの練習だけならスマホのアプリでもできますがやっぱり実際に使う装置に近いもので練習したいですね。

早速、使用してみた感じですが初めての電鍵と言うことで比較対象がなくクリック感とかは良いのか悪いのか分からないのですが高い電鍵が重い台に固定されている理由はよくわかります。次に音ですが、3000Hzと書いてあるとおり甲高い音でボリュームも凄く大きいので耳が痛いです。。。レビューを見るとブザーを交換して使っているケースがあるみたいなのでちょっと調べて秋葉原に部品調達ですね。

あとCWに関してネットで調べたら面白い情報がありました。モールスでもマイクで音を拾って送信する場合は電波形式は変わらないそうです。背景の環境音も同時に拾うので確かに電話でモールス流しても電波形式が変わるはずも無いです。但し三級の免許は必要だとか。

マイク端子だった場合はどうなんでしょう?CW対応のリグは恐らく電鍵で音を生成してなくてリグ内で作成している気がするのでF2Aとか何では?と思いますが。。。つまり電鍵とリグの間にサイン波形を生成する装置を入れてリグのマイク端子につないだ場合、またはスマホやPCの音声出力をリグのマイク端子につなげた場合ですね。う〜ん、これは要お問い合わせかも。

さて、これでモールスの訓練を続けて行きたいのですが、ちゃんと打鍵できたか確かめる方法が必要ですね。
それで確認用のソフトを探していましたらこちらのソフトが復号化に優れていましたので紹介します。有料(100円)ソフトです。

mouse-it

Morse-It – Francis Bonnin

実はこのソフト単体で練習もできますし、送信時は音だけでなくフラッシュも使う事ができます。