デジ簡の本を買った

digikan

ちょっと報告が遅いですが先月発売されたデジタル簡易無線を特集した本を買いました。
目的としてはデジ簡の現状を知りたかったというところです。

本の内容については満足で、無線機自体は限られているので目新しい情報はないのですが、351MHz用アンテナの紹介はとても参考になりました。
登録申請についても参考になりますが、アマチュア無線並に簡単にして欲しいというところですね。
バイク用ヘッドセットについての情報が無かったのでこれは個別に探すしか無いかな。。。

残念なのは現状の無線機本体で防災用途も含めて一般向けに売るには機能が足りないですね。
ハンディのアマチュア無線機はAM/FMが聞けて対応機種が限定的ですがメッセージ交換もできるので、デジ簡にもせめてラジオぐらい搭載して欲しいですね。それで実勢価格2万円くらいなら沢山売れるかもっと。
デジ簡に欲しい機能をまとめると。
・APRS 遭難時のビーコンや災害時の伝言版として当然GPS内蔵。
・AM/FM 情報収集というだけでなく、普段使うものとして搭載して欲しい機能。
・メッセージ交換 混雑時やタイミングが合わず連絡がつきにくい時用
・テンキー 文字打ちするなら是非欲しい機能。
書いてみて思ったのがFT1Dのデジ簡仕様ですね。というかFT1DはC4FM使っているから可能であればデジ簡付きリグになるといいなぁ。多分アマチュア無線+他の無線は前例が無いので無線局として認められない可能性が高いのですが。。。

さてバイクの無線をデジ簡に切り替えるとしたら?
・同軸ケーブル・・・ハンディアマチュア無線機と同じSMAなのでそのまま利用可能
・アンテナ・・・発信周波数が違うので交換。端子はモービル用に多いM端子。
・ヘッドセット・・・KTELの簡易無線用コードはアイコム用がある。