FM補完放送の試験電波を受信

fm_hokan

災害対策や都市型難聴対策のためのFM補完放送の試験が行われているということで受信してみました。元々TV1ch〜3chのバンドなので最近の携帯ラジオだと対応していない可能性がありますがVX-8Dは問題なし。写真のアンテナ(SRH805S)だとSメーターもギリギリですが、SRH940を付けた時はS9+まで行ける角度がありました。ちょっと不思議なのですが垂直に立てるとS6あたりでアンテナを水平するとS9+です。これって水平偏波なのかな?

高利得のホイップアンテナについての疑問

この前HF40CLを買ったばかりなのにAPRSデビューして今度はVHFのアンテナを追加しようかと思っています。いやお金ないけど。。。

今もっているアンテナはハンディ用のRH-770と車載用のSBB4です。
どちらも144MHz帯では1/2λノンラジアル 3.0dBiの高利得アンテナなのですが、ベランダ設置に限定すればもっと長い5.5dBi〜6.0dBiのノンラジアルホイップアンテナがあります。

ここでちょっと疑問、アンテナって長けりゃ良いのか?

1dBi上がるとどれだけ効率が良くなるのか気になったので検索したところ3dBi上がると出力が2倍になる計算式を見つけました。でも何か変だ。実際に出力が増えたら永久機関つくれるぞ。

ちなみにWikipediaによるとスカイツリーのFMラジオ放送送信設備は空中線電力が7kWでERPが57kWだそうです。途中にアンプをつけたとかではないです。利得で計算するとこうなる。
そもそも利得とは1/2λダイポールアンテナを0dBd=2.15dBi(絶対利得)としているのでERPの単位は電力ではなくて電力相当じゃないかなっと。

例えば5.15dBiのアンテナで空中電力が10WだとするとERPは1/2λダイポール20W相当となるのではということです。結果的にアンテナの出力の利得は指向性によって決まっているのではないかということです。

それでも疑問は晴れません。1/4λにも満たない短縮アンテナはともかく1/2λ以上の長さがあるアンテナで形状そのままで長いだけで利得が上がっている理由にはなっていないと思います。

逆に受信だったらどうでしょうか。単純に1/4λの整数倍で共振するので長いほうが表面積稼げて有利かもしれません。もしかしたら内部で分割していて2段/3段のアンテナにしているかもしれません。
この予想が正しければホイップで高利得なアンテナは送受信で利得のギャップがあるかもしれません。QRP運用とかで相手の声はよく聞こえるのにこちらのは届かないといった現象かも。

確証はありませんがメーカー公表の利得が受信感度の数値で送信に関しては指向性のみの問題だとしたら6dBiのホイップ使っても今と変わらないという事になりますね。長いアンテナはむしろ相手に使って欲しいな(ゲフン、ゲフン

ベランダ設置ならむしろローカル局あきらめてビームや八木で直接デジピータに向けるというのもあり?いや余計な輻輳は避けるべきだな。。。う〜ん悩む。

と言い訳考えてアンテナ増設は一旦保留ですw

 

APRSデビュー

GPSユニット取り付けたら早速運用開始です。
FM電話に比べると比較的APRSは運用しやすいです。

  1. 一人でも運用できる
    トラッキングだけなら一人でもできるしi-Gateに拾われてGoogle Mapに載ればHAMでない人にもお知らせできます。
  2. 電信だと知らない局へも気軽にメッセージが出せる
    これ電話だとちゃんと言えるか緊張もするし、コミュ力無いとレポート報告だけで終わりになります。コンテストなどではそれで良いかもしれませんが、お話相手がほしいローカル局に対しては失礼ですね。
    電信だと送れる文字数にも限りが出るのでどんなメッセージを送るかより送受信が成功したかどうかの確認の方が重きを置いている印象です。
    移動中のトラックの運ちゃんに電話で話しかけると怒られそうですが、APRSで挨拶文を1回流しても別に何とも思われないと思います。中には自動返信している局もあります。
  3. APRSならQSLも無い?
    あと無線で困るのは「QSLはビューロで」これが一番無理。JARL会員じゃないのでというのもありますがQSLカード集めが趣味の人から見れば残念な局として二度と読んでもらえないかも。
    QSLカード自体はその内作りますが交換は電子的な方法に限定します。
    APRSは移動局というか移動中局が多いのでQSLは無さそうなイメージです。

ここからは実際に運用して気づいたことです。

  1. GPSで位置情報を受信できないときはポジションのビーコンを出せない。
    まずは自分の存在をアピールしないと誰も気づかないので重要です。
  2. 位置情報が不明でもメッセージ送信は可能
    そしてローカル局からのACKの受け取りも可能
  3. インターネットからもメッセージ送信可能
    但し無線機のポジションが不明だったり古かったりすると失敗します。
    これはデジピーター越しの局でも同じですね。
  4. デジピータを使用するとポジションのビーコンが自分に帰ってくることがある
    これはちょっとビビります。
  5. メッセージはアルファベットと一部記号のみ
    日本語使えないはちょっと辛いのですが、機種による表示文字制限もあるのでCW略語やQ符号がよく使われます。むしろ勉強になって良いですね。でもO2(お疲れ様)は違うよねw
  6. 一部モービル機にはメッセージ読み上げ機能があるらしい。
    家に置くとしたら欲しいかも。
  7. 5ワットではよく負ける。
    ハンディの歩行者は移動量が少ないのでビーコンの間隔が長めかもしれませんがデジピータやi-Gateに届いていないかもしれません。
  8. 9600bpsより1200bpsの方が悪環境に強い。
    周波数は隣通しなので電波の飛びとか受信感度は変わりませんが、やはり1200bpsの方が遅いだめデコード成功率が高いです。

APRSに目覚める

vx-8d_gps

VHFは人がいないなぁとサーチを繰り返しておりましたら、ビーコンっぽい受信はよく引っ掛けるなと感じたのでそれがAPRSなのかどうか手動でコールサインと位置情報を設定したところ次々とAPRSの情報が受信されました。
みんなこっちにいたのか。。

もしかしたらFM電話もVoIPやデジタル形式の方が人が多いのかな?免許取った2年前ではデジタルなんてリグが発売されたばかりだった気がするけど。

またAPRSはiゲートを通してインターネット上にもデータを蓄積するので http://ja.aprs.fi/ 等で検索や現在の状況を確認できます。

すぐにFT2Dを買わないと衝動買い仕掛けましたがよくわからない内にリグ追加も失敗かもしれないので現状最も安価にできる方法としてVX-8用のGPSユニットを買いました。
今まで買わなかったのはトラッキングなんてスマホで既にやってるし。。というのもあったので普段使うものでもないかなという印象でした。

説明書を読みながら設定を進めていくとステータステキストをトラッキングに乗せて公開するだけでなく、直接特定のコールサイン宛にフリーテキストのメッセージを送れることを発見しました。何故今まで気づかなかったのだろう。。

これまで私の理想としていた電信システムが既にAPRSに実装されていたではないか。
もう、APRSの運用やるしかない!

ICOMのD-STAR?確かにあちらも魅力的だけどICOMのデジ機限定だし運用もまとまってなさそうだからもうちょっと様子見。通信相手が近くに沢山ありそうであれば買いますね。

話を戻してVX-8用のGPSユニットは評判がよくないのですが他に選択肢がないので妥協しています。
確かにリグの電源投入後は位置情報を更新できなくて最低数分間はトラッキングできないです。
あと天気の悪い日はまるでダメですね。

場所は都心になりますがAPRSの中でも144.64MHz 9600bpsが一番受信回数が多いです。またレピーターも多いのかもしれません。

APRSは無線機だけでなくスマホやiPhoneでも利用可能、この場合アマチュアの電波は出さずインターネットと繋ぐので「固定局以外のiゲート局」となりSSIDは5になります。

これからは運用や試験を通して発生する疑問や検証について書いていきます。

GqrxをYosemiteに入れたのでHFアンテナを買い足す。

大変ご無沙汰しています。

特にMac OS XをYosemiteにアップグレードしたらパッケージ版のGqrxが強制終了してしまうようになってしまいしばらく無線から離れてました。

パッケージ版が更新されそうにないのでPortsをインストールしてレポジトリからインストールを試みましたらPorts自身やXcodeのコマンドラインツールなどでディスクを結構食われました。

参考:Gqrx(1): 電波と土埃の世界
http://nodatec.air-nifty.com/blog/2015/03/gqrx.html

それでも無事にインストールが終わって特に問題なく起動できるようになったのでHF40CLを買い足しました。

今回買ったもの:合わせて13,000円位の散財。
ダイヤモンド HF40CL 7MHz帯高能率センターローディングモービルアンテナ
ダイヤモンド MR2B コンパクト強力マグネットベース

ウキウキしてベランダに設置し、マグネット基台もMコネクタ版に買い替え受信しましたが、
何も掴めませんでした。

後で気づいたのですがアースを取るのを忘れてました。。。

途中で面倒になってしまったのでアンテナをSBB4に交換しVHFで受信しましたがこっちはこっちで人がいない。。。

CW覚えて3級取って電信デビューはいつになるやら。
実のところアパマンハムでHFは安定して運用できるのだろうか?
アンテナやケーブルも大げさになって近隣にバレてるし。。。

今年の期待

1.ハンディ電信への期待。

今、最も理想に近いのはID-51(Plus)ですね。Bluetoothが搭載され、RS-MS1AがiOSで出たら文句なしです。即買です。・・・と昨年も言ってました。
なんていうか普段自宅からだとVHFは人がいないし、UHFは運ちゃんらしき無線しか聞こえないんですよね。。。DVモードでレピータ接続だと通信相手に困らないかもという期待もあったりします。

ID-5100に期待
http://blog.c-production.com/ham/?p=92

2.FireChatに代わる公共インフラを使わないチャットソフト

FireChatについては災害時の避難所等で活躍すると思ったらまさか香港の学生デモで注目されました。これなら携帯インフラを遮断されても使えるという点では頭良いのですが、知らない間にFireChatが会員登録必須になってる。これ本末転倒じゃないかな。インターネット中継機能なんて積まなければ良かったのに。。。

本日より新しいアマチュアバンドプランが施行されます。

あけましておめでとうございます。2015年も既に5日になってしまいました。

今年もQSOパーティには参加できてなくて悶々とワッチしてました。
ビューローでカード交換の方が多数なのでJARL会員じゃ無いと相手に失礼になっちゃうのかな。。。なんて思ったり。コンテストは電信でやりたいと思いつつ敷居が高いのが難点。
CWが使える機器やアンテナ、そしてCWの多い周波数を考慮すると徒歩で持ち歩くレベルじゃなくなるし散財具合が酷くなるしで「そこまでしてCWやりたいのか?」とふと冷静になるの繰り返しです。テキスト通信ができれば良くてCWに拘る理由が無かったりしてます。

本題ですが、平成27年1月5日付けで新しいアマチュアバンドプランが施行されますのでご注意下さい。区分自体は475kHz帯が追加された以外特に目立ったものは無いと思います。

注意点としては非常通信周波数の変更やデジタル用の呼出・非常通信周波数が追加されているところですね。誤ってこの周波数でラグチューしないようにしましょう。

アマチュアバンドプラン(JARL)
https://www.jarl.org/Japanese/A_Shiryo/A-3_Band_Plan/A-3-0.htm

ちなみにVX-8Dのエマージェンシー機能が使う周波数の初期設定は433.3MHzでデジタル呼出と重なるので変更が必要です。

デジタル用に呼出周波数が別れたという事はそれだけ普及しているということなのか、ただアナログ機からはデジタル機の呼出がノイズにしか聞こえないからなのか分かりませんが最近のデジタル機は進んだのかな?と2メーカーのサイトを確認。

ICOMはID-51が機種名そのままでリニューアルしたものが出ていました。Bluetoothが無いのでけーブル接続になりますがAndroidと連携して画像やテキストの通信ができるようになりました。
製品紹介には書いてませんが他のページを見るとどうもID-31も画像とテキストの通信ができるみたい。ということはAndroidアプリ側が通信ケーブルに対応したと見たほうがよさそうですが、この辺の詳しいところはメーカーに直接聞いた方が確実ですね。

https://www.icom.co.jp/products/amateur/products/digital/

iOSアプリも出して欲しいところですがLightningケーブルでの通信対応はもっとコストが掛かりそうなのでハンディ機にBluetoothが載る方に期待しています。期待できなかればZenFone5が使えるか確認して導入かな。

http://www.icomdirect.jp/SHOP/OPC-2350LU.html

八重洲無線はFT2Dの噂があるだけで特に新着情報は無し。

デジタル変調についてWikipediaをみたところD-STARのDVモードはGMSKでYaesuのC4FMはFSKのようです。なのでデジタル符号化してるもののパケット通信ではないので音声(電話)、テキスト(電信)、画像という解釈なのかな。APRS等のGPS情報はパケット通信なのでデータという事みたいですが、VoIPは一体どんなケースで使用するのだろう?直接音声パケットを出しているRigあるのかな?

追記:
総務省のQ&AにVoIP区分に関する内容がありました。
WIRES-II、EchoLink、eQSO、IRLPが該当すると言うことで、そう言えばYaesuはWIRES使えたなと思い出しました。WIRESは使う予定が無いのでWIRES呼出ボタンは温度・気圧・高度表示に割り当ててますw

http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/denpa/siyoukubetu/